かずさ自動車教習所
準中型免許

準中型一種


所持免許なし
相部屋シングル
10/17~12/20322,000円
(347,760円 税込)
342,000円
(369,360円 税込)
12/21~12/31372,000円
(401,760円 税込)
392,000円
(423,360円 税込)
1/1~1/19307,000円
(331,560円 税込)
327,000円
(353,160円 税込)
1/20~1/30342,000円
(369,360円 税込)
362,000円
(390,960円 税込)
1/31~3/6422,000円
(455,760円 税込)
442,000円
(477,360円 税込)
3/7~3/17437,000円
(471,960円 税込)
457,000円
(493,560円 税込)
3/18~3/23367,000円
(396,360円 税込)
387,000円
(417,960円 税込)
3/24~6/30307,000円
(331,560円 税込)
327,000円
(353,160円 税込)

準中型免許 Q&A

準中型免許とはどのような免許?
いままでの普通免許と、2年以上の運転経歴を必要とする中型免許との間に、新しく作られた免許です。
18歳になれば、普通免許を取らずに直接、運送車両を運転できる免許が取得できることが大きな特徴です。
はじめて免許を取るなら、普通免許より準中型免許を取るべき!?
準中型免許は、普通免許を取る年齢と同じスタートラインであることから、トラックまでも運転できる「生涯の有益なライセンス」
として、普通免許より高い不可価値があるはずです。

準中型免許の新設にあわせて、普通免許の区分が変更されたので、平成29年3月12日以降に普通免許を取得した場合、最大積載量が
2トン未満となり、2トンのトラックは運転できません
今までの普通免許はどうなる?
平成19年6月以降に取得した普通免許は、自動的に5トン限定の準中型免許とみなされています。
ですので、これまで通り、車両総重量5トン未満のトラックであれば運転することができます。

また、さらに中型免許を取得する場合の教習時限は11時限に、大型免許を取得する場合の教習時限は26時限になるため、
いままでよりも4時限分短くなります。ですので、早く取得できるだけでなく、教習料金も安くなります。

今後の運送業界にとって5トン限定準中型免許を保有する人は、人材確保の大きなターゲット層になるはずです。

準中型免許 教習時限

平成29年3月11日までに普通車MT免許を取得した方は 5t限定準中型免許 となり、限定解除をする事で 準中型免許 を取得する事ができます。

所持免許 普通MT免許を所持している 所持免許なし
平成29年3月12日以降に取得 平成29年3月11日までに取得
技能時限数 13時限 4時限 41時限
学科時限数 1時限 免除 27時限
検定/審査 技能検定 限定解除審査 技能検定
適性検査 試験場で受験 試験場で受験
学科試験 免除 免除 試験場で受験

準中型免許 ポイントまとめ

18歳から普通免許同様に取得することができる!

18歳から車両総重量7.5トン未満のトラックを運転できる!

今の普通免許は 5トン限定準中型免許 になり、限定解除(4時限)をすれば準中型免許に切り替えることができる!

準中型免許に関する お問い合わせ、お申し込みは